結婚指輪の相場と選ぶポイントは?

結婚指輪の相場と選ぶポイントは? 結婚が決まると、まず男性が女性に贈るものは婚約指輪です。
婚約指輪に関しては、給料の3ヶ月分であるという説がとても有名ですが では、その後にお互いに交わす結婚指輪の相場はどれくらいなのでしょうか? 結婚指輪は婚約指輪の後に贈り合うものなので 金額はかなり現実的です。
つまり、あまり高額なものを選ぶ方は少ないということです。
結婚指輪を選ぶポイントとして1番にあげられているのはデザインです。
男性もつけるものなので、まずは2人で好みのデザインを選ぶといいでしょう。
2番目にあげられるのは素材です。
毎日つけるものなので、プラチナや金といった素材が好まれています。
女性は指輪をしたまま水仕事をすることもあるだけに 石が付いたタイプより、カットなどのデザインが施されたものを選ぶ方が多いようです。
そして3番目にあげられるのは価格です。
相場としては10〜20万円のものを選ぶ方が多いです。
まずは好みのデザインを選んで、素材を確かめて、設定した価格に見合うものが 結婚指輪を上手に選ぶポイントだと言えます。
後は、長い年月をかけて使われるものだけに つけ心地も大切なポイントの1つに加えるといいでしょう。
2人で選ぶようにして、お互いに納得のいくものを選びたいものです。

結婚指輪をはめる場所について

結婚指輪をはめる場所について 婚姻をするという証と契約の意味を持って結婚した夫婦が身につけているのが結婚指輪であり、多くの場合は左手の薬指がはめる場所として知られています。
また、婚約指輪も同様に左手の薬指がはめる場所として知られているのですが、何故左手の薬指なのかというその意味を知らない人も多いです。
そもそも両手のそれぞれの指には場所によって指輪をはめる際に意味を持っており、指輪をはめることによってその意味を表しているとされています。
では左手の薬指にはどのような意味があるのかというと、「愛の絆を深める・願いを実現する」という意味を持っています。
つまり婚約・結婚をして愛を深め、夫婦になるという願いを実現しますという意味を表しているということから、左手の薬指にそれぞれの指輪を付けるという意味に繋がるわけです。
ちなみに指輪交換してからの婚約指輪については左手の結婚指輪に重ねて身につけるというのが正式な方法であるとされており、人によっては婚約指輪と結婚指輪を両方身に付けているという人もいます。
そして指から外した結婚指輪の保管場所に関しては特に決まりはなく、身につけておいてもいいですし自宅のどこかに保管してても特に問題はないとされています。

自宅で簡単にできる結婚指輪の手入れ方法

結婚指輪は毎日身につけているので、お手入れをしない人が多いのですが、毎日身につける物だからこそきちんとお手入れをして、少しでも長くつけていられるように状態を保つことが大切です。
結婚指輪は、自宅で簡単にお手入れができます。
素材によって方法が異なるので、まずは指輪の素材を確認しましょう。
プラチナの場合、普段は乾いた布で汗や汚れをふき取る程度で十分ですが、汚れが気になる場合はジュエリークリーナーや抽選洗剤を使用して汚れを取り、その後はしっかりと水洗いをして乾いた布で拭きます。
金の場合は、中性洗剤を溶かしたぬるま湯に指輪を浸けて、いらない歯ブラシなどで優しくこすります。
プラチナ同様柔らかい素材なので、歯ブラシをゴシゴシとあてないように気を付けましょう。
柔らかい布を使ってこする程度でも大丈夫です。
シルバーの場合は、時間が経つにつれて黒くなってしまうので、シルバーアクセサリー用のクリーナーや銀磨きクロスなどを使用して磨きましょう。
市販で手頃な価格で売られているのでおすすめです。
専用のクリーナーを使用した方が、汚れが綺麗に取れます。
どれも簡単な手入れ方法ですが、これをしておくだけで十分長持ちします。
結婚指輪は一生ものです。
だからこそ綺麗な状態を長く保つためのケアは重要ですね。

金属アレルギー対応の素材で結婚指輪をつくる

結婚指輪の素材に利用されるものといったら、金、銀、プラチナといった貴金属が中心です。
特に金とプラチナは結婚指輪の定番です。
まず銀は空気中の硫黄と反応してすぐに黒くらい変色してしまいます。
その一方、金やプラチナは変色にも強く長い間その輝きを保っているため、結婚指輪の素材として大変人気です。
また、銀よりも金、金よりもプラチナの方が希少価値が高いので その点においても、せっかくだから高価なものをと考えて決める方は多いです。
しかし最近では金属アレルギーの方もいるために、それ以外の金属を選ぶ方もいます。
例えばチタンなどがその代表です。
先の三種類よりアレルギー反応を、起こす可能性は低く、安全性につけることができます。
しかし加工が難しいことや、工業用での仕様が多いため、イメージ的に好まれません。
そこで最近ではタンタルやハフニウムといった金属を使う方もいます。
どちらも金属アレルギーをおこしにくく、きれいな光沢があり高級感もあります。
実際希少価値も高く値段も高いですが、個性的なものを探している方にはぴったりかもしれません。

離婚時には婚約指輪を質屋に出す

離婚をする時には、いろんなものを処分するようになります。
新しく生活を始める為にも、二人の思い出が強いものほど処分をしたほうがいいでしょう。
例えば、婚約指輪などに関しても、離婚をするのであれば、手放すようにした方が良さそうです。
婚約指輪を質屋にもっていけば、いくらかのお金になりますので、鑑定をしてもらい手放すかを検討しましょう。
婚約指輪を質屋に持って行った場合、いくら購入時に数十万円していたものだとしても、査定額は数万円程度にまでしかなりません。
あまりの安さに驚くかもしれませんが、それが現実です。
少しでも高く査定をしてもらう為には、鑑定書なども一緒に付けて査定をしてもらうようにするといいでしょう。
それでも金額い納得がいかない場合は、他の質屋もまわてみるようにして、査定をしてもらえば納得が出来るはずです。
思ったより安く査定をされたとしても、離婚後にいつまでも持っておくわけにはいきませんので、質屋に出すようにした方がいいでしょう。

結婚指輪の正しい保管方法とは?

結婚指輪を普段つけずに大事な時だけつけるという人は少なくありません。
特にシルバーリングだと傷つきやすかったり、空気に触れると酸化したり、光に当たると変質してしまったりしますので注意が必要です。
では正しい保管方法はどうすればよいのかというと、まずなるべく空気に触れさせないようにする必要があります。
指輪は経年変化によって、黒ずんだり変色したりします。
その為保管する場合は指輪専用のケースにしまっておくとよいです。
また指輪の素材によっては光に長時間当たっていると変質してしまう恐れもあるので、紫外線をカットする箱の中やタンスの中など出来る限り日の当たらない場所にしまっておくと変質せずに保管できます。
気をつけなければならない事は他にもあります。
それは空気や光を出来るだけ遮断させる事も大事ですが、ずっとしまい続けておくのも空気の入れ替えが出来ず湿気がたまってしまい良くありません。
定期的に指輪を布で拭いたりして手入れをする事も必要です。
保管場所には乾燥剤を入れておけば結婚指輪を湿気から守ってくれるので入れておくと安心です。

結婚指輪で女性に人気のブランドとは?

様々なジュエリー店が結婚指輪などのブライダルリングを販売していますが、多くの女性から人気を集めているブランドが俄です。
結婚指輪というのはファッションリングとは違い、気分でつけかえることはできません。
また人によっては常に身に着けておくという人もいるので、長年つけていられる耐久性や飽きのこないデザインというのは大切になってきます。
俄は他のブランドとは違い、独自のダイヤモンドカットを施しています。
海外でもっとも美しいと言われる比率「黄金比」というものがありますが、日本人が古くから美しいと感じる比率が「白銀比」と呼ばれるものです。
1:√2という白銀比によるダイヤモンドカットはこの俄の最大の特徴であり、日本人ならではの奥ゆかしい美的センスだけではなくその上質さも一流です。
またそれぞれのリングに名前とストーリーがあるため、このストーリーも人気を集めている理由の1つです。
海外ブランドにはない俄独自の美的センスが光るリングがたくさんあり、一生身に着けるに値するほどの価値があります。

婚約指輪の参考サイト

新潟 結婚指輪